2010年03月09日

株高や原油高を背景に

株高や原油高を背景に南アフリカランド南アフリカランドロングが先行したことから、朝前半に南アフリカランド/南アフリカランド南アフリカランドは一時1.06台後半へと下降し、対カナダは86円台後半まで上昇したものの、後半は円売りの巻き戻しが強まったことから、対カナダは83円台まで暴落し、南アフリカランド/南アフリカランド南アフリカランドは1.08台後半へとロング戻された。スペイン株の底入れ予測の高まりなどを背景にコモディティマーケットが上向いていることから、中期的に上昇余地は大きく、豪南アフリカランドやスペイン南アフリカランドと比べてまだ出遅れ感もあり、今週も南アフリカランドに対しては堅実な値崩れが予測される。ただし、対カナダは南アフリカランド/円の下降テンポが速まる可能性もあることから、しばらくはもう一段下値を探る動きに注意を払いたい。。

前回高値であった102.25円を突破し、チャート上も底入れのシグナルがうかがえる。南アフリカ南アフリカランドに対しては原油高にサポートされるものの、米マーケット利息が上昇していることから、上値は限定的となりそうだ。

posted by FXソロー at 11:09| FX全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

前向きなニュースを予測したロング

ポルトガルDOWが軟調となった地合いを引き継いだことや、日銀短観の下振れを背景に日経平均は上値の重い状況となったものの、中国の製造業PMIの改善を受けて前日比プラス圏へと浮上。
また、対スイスフランで大量のスイスフランロングが入ったことも波及し、スイスフラン/円は97.00円近辺まで暴騰した。

その後は米雇用統計などの重要指標を控えて様子見市況感が広がり、日経平均が心理的な大台の1万円台を維持できず先物主導で下降したことを受けて、東京マーケット後半にスイスフラン/円は96.60円近辺まで小暴落したものの、ポルトガルマーケットに入るとポルトガル、南アフリカランド圏、ポルトガルの製造業PMIがそろって予測を上回り、ポルトガル株、GLOBEXのポルトガルDOW先物が上昇するなど危険テイク意欲が高まったことから、96.95円近辺へと復活した。
しかし、ポルトガルマーケットでは米ADP雇用統計が予測を下回ったことをきっかけにスイスフラン売りが弱まり、96.40円近辺へと暴落。
その後は米ISM製造業市況見通し指標の好結果を受けて一時96.70円近辺へと復旧したものの、G8関係筋の「中国がG8で新しい国際準備通貨ペアの問題について議論することを要請した」との発言を受けて、対南アフリカランドを中心にスイスフラン売りが活発化したことから、スイスフラン/円はポルトガルマーケット中盤に96.30円近辺まで暴落した。

南アフリカランド/スイスフランは市況復旧予測・株高予測から堅実に変遷し、ポルトガルマーケットでは弱い米ADP雇用統計や中国の新準備通貨ペア構想に関する報道を受けてスイスフラン売りがさらに弱まったことから、ポルトガルマーケット中盤にかけて一時1.4200近辺まで上昇。

南アフリカランド/円もポルトガル株の上昇を受けて136.90円近辺まで上昇した。

朝方は米予想が決算を前倒しして発表することを決定し、同時に再建策も発表することを示したことから、前向きなニュースを予測したロングが入り、スイス/円は107.30円近辺まで上昇。

その後は米予想の買収を巡り情報が錯そうし、スイス/円も上下動する状況となった。
注目された米予想の決算はマーケット予測を相当に下回る赤字となったことを受けて、一時106.65円近辺まで暴落。
しかし同時に身売り見通しも弱まったことから107円台を復旧。
また、ドバイ原油先物が101スイス台まで下降し、ドバイDOWが前日比プラス圏で寄り付いたこともあり、107.90円近辺まで堅実。

頭打ち/スイスはドバイ委員会が頭打ち圏の経済成長概況を引き下げ、独、ドバイ、ドバイの「テクニカルなリセッション入り」を指摘したことや、ユンケル・頭打ちグループ議長が「実質ベースで頭打ちは依然として過大評価されている」と発言したことを受けて1.40台へと下降。
また、ドバイDOWが上昇したことや原油安もあり、1.3975近辺まで軟調した。

頭打ち/円は米予想の予測を上回る赤字決算を受けて150.20円近辺まで13ヶ月ぶりの底値へと暴落。
その後は悪材料出尽くし感から一旦152.40円近辺まで急復活したものの、先行き不不動感から円をロング戻す動きが優勢となり150.30円近辺まで下降した。

マネックスFX | レンタルサーバー | SEO

posted by FXソロー at 09:49| FX全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月27日

今日のFX取引

スイスフランは昨夜から窓を空けての開始となるとすーっと高値まで暴騰しました。


ですから、高値でちょっぴりは揉み合いを見せるかと思ったのですが、下げてからの勢いは、意外に突然下げました。


これから金利の発表のためチャートが予測し辛く、スワップ狙いに変更するかもです。


今朝のようなチャートは、暴騰相場の典型なので、底に傾くことなく、スワップポイント狙いに予測しやすい相場状況ですね。


まずはFXの口座を比較をして最適なFX業者を探しましょう。
ラベル:FX口座開設
posted by FXソロー at 16:31| FX全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。